オーシャンズ11 シリーズの監督最新作 ローガン・ラッキー

11.18

ことごとく運の悪いローガン一家が率いる、史上最低の厳禁強奪ドリームチーム始動!

ムビチケオンライン券 販売中 eメール型映画前売券 ムビチケらくらくネット通販 Star Channel movies

一攫千金 X 一発逆転 運もツキもないド素人の強盗団が仕掛ける 痛快クライム・エンタティメント エキセントリックなトリックを、あなたは見破れるか!?

INTRODUCTION イントロダクション

豪華キャスト狂演!『オーシャンズ11』シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督復帰第1段!

これは『オーシャンズ』シリーズの従兄弟版だ。ただチームにはお金も最新技術もない。まるでオーシャンズの真逆のような作品でもある。-スティーブン・ソダーバーグ

見事監督復帰を果たしたソダーバーグを祝うかのように豪華キャストが集結!何といっても、あの“ジェームズ・ボンド”=ダニエル・クレイグが金髪&タトゥーでブッ飛んだイメチェンに挑戦。”変人爆破犯“役でキレッキレの怪演振りを見せる他、『マジック・マイク』で再びタッグを組んだチャニング・テイタムや新『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で人気急上昇中のアダム・ドライヴァー、エルビス・プレスリーの孫娘で注目のライリー・キーオ、オスカー女優で実力派のヒラリー・スワンクが脇を固める。

STORY ストーリー

足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられ失意の人生を送る炭鉱夫ジミー・ローガンにはある企みがあった。それは、まもなく開催される全米最大のモーターカーイベントNASCARのレース中に大金を盗み出すという<前代未聞の強奪計画>―。早速、戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライドと、美容師でカーマニアの妹メリーを仲間に加えたジミーだったが、ツキに見放されてきたローガン一家だけでは頼りがない。そこで、この大胆な犯行を成功させるため、爆破のプロで現在服役中の変人ジョー・バングに協力を仰ぐ。彼を脱獄させてレース場の金庫を爆破した後、看守が彼の不在に気づかないうちに刑務所に戻すという作戦だ。レース当日、ローガン一味は、何百万ドルもの売上金を運ぶ気送管設備があるサーキットの地下に侵入。全米犯罪史上最も驚くべき強盗事件は成功したかのように見えた…しかしFBI捜査官の執念深い捜査の手がすぐそこまで迫っていた――

CAST & STAFF キャスト&スタッフ

CAST

CHANNING TATUM
CHANNING TATUM / JIMMY LOGAN チャンニング・テイタム (ジミー・ローガン)

 1980年4月26日、アメリカ アラバマ州カルマン生まれ。俳優およびプロデューサーとして活躍。2012年に公開されたスティーヴン・ソダーバーグ監督による『マジック・マイク』は予想を超える大ヒット作となった。 2015年にはグレゴリー・ジェイコブズ監督作『マジック・マイク XXL』でマイク・レーン役を再演。
 その他の出演作は、『フォックスキャッチャー』、『ホワイトハウス・ダウン』、『エージェント・マロリー』、『君への誓い』、『親愛なるきみへ』など。最近出演した作品には、コーエン兄弟作品『へイル、シーザー!』とクェンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』がある。マシュー・ヴォ―ン監督作『キングスマン:ゴールデン・サークル』 にも出演。
 2014年には、リード・カロリンとピーター・キアナンと共に制作会社フリー・アソーシエイションを設立したことを発表。同社は現在 “Magic Mike Live” at the Hard Rock Caféを手掛けている。また、大ヒット作『21ジャンプストリート』の続編でテイタムとジョナ・ヒルが出演した『22ジャンプストリート』などを製作した。

ADAM DRIVER
ADAM DRIVER / CLYDE LOGAN アダム・ドライヴァー(クライド・ローガン)

 1983年11月19日、アメリカ カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。 J・J・エイブラムス監督作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でカイロ・レンを演じた。この作品は、史上初の米国内興収9億ドル突破を達成し、世界中で20億ドルを超える興収をあげた。『スター・ウォーズ:最後のジェダイ』でも同役を再演する。
 2016年カンヌ国際映画祭でプレミア上映されたジム・ジャームッシュ監督作『パターソン』でタイトルロールを演じ、ゴッサム賞にノミネートされたほか、ロサンゼルス映画批評家協会の主演男優賞を獲得。また、マーティン・スコセッシ監督『沈黙 -サイレンス-』ではアンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソンと共演。それに先立って、ジェフ・ニコルス監督作『ミッドナイト・スペシャル』でマイケル・シャノン、ジョエル・エドガートン、キルステン・ダンストらと共演した。
 その他、ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アマンダ・サイフリッド共演『ヤング・アダルト・ニューヨーク』、アルバ・ロルヴァケル共演『ハングリー・ハーツ』 (ヴォルピ・カップ・アワード主演男優賞獲得)、ミア・ワシコウスカ共演『奇跡の2000マイル』、コーエン兄弟作品『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』、スティーヴン・スピルバーグ監督作『リンカーン』、レオナルド・ディカプリオと共演したクリント・イーストウッド監督作『J・エドガー』などに出演。
 ゴールデングローブ賞を受賞しているHBOのシリーズ番組「GIRLS/ガールズ」では、謎に包まれたエキセントリックなアダム・サックラーを演じ、3年連続でエミー賞の助演男優賞(コメディシリーズ部門)にノミネートされたほか、2015年クリティックス・チョイス・テレビジョン・アワードの助演男優賞(コメディシリーズ部門)にノミネートされた。

RILEY KEOUGH
RILEY KEOUGH / MELLIE LOGAN ライリー・キーオ(メリー・ローガン)

 1989年5月29日、アメリカ カリフォルニア州ロサンジェルス生まれ。祖父は偉大な歌手エルヴィス・プレスリー、祖母はプリシラ・プレスリー、母はリサ・マリー・プレスリー、父は歌手のダニー・キーオ。ゴールデングローブ賞にノミネートされた、ハリウッドの新星の一人。
2010年、クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング主演『ランナウェイズ』で映画デビューを果たし、注目を集めた。その後まもなく、ランス・デイリー監督作『グッド・ドクター 禁断のカルテ』でオーランド・ブルームと共演。2010年トライベッカ映画祭でプレミア上映されたこの作品で、ミラノ国際映画祭で最優秀助演女優賞にノミネートされた。2015年には、1979年の『マッドマックス』で始まったジョージ・ミラー監督による人気シリーズの第4弾『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に出演。
 また、アンドレア・アーノルド監督作“American Honey”では、2017年インディペンデント・スピリット・アワードの助演女優賞にノミネートされた。
 テレビでは、スティーヴン・ソダーバーグが監督した同名の映画にインスパイアされた「ガールフレンド・エクスペリエンス」に出演。ゴールデングローブ賞の期間限定シリーズ/TV映画部門にノミネートされた。

DANIEL CRAIG
DANIEL CRAIG / JOE BANG ダニエル・クレイグ(ジョー・バング)

 1968年3月2日、イギリス チャシャー州チェスター生まれ。世代を代表する俳優の一人として、舞台、映画およびテレビで活躍している。
ジェームズ・ボンド役で知られ、2015年の『007スペクター』など4作品でボンドを演じている。それ以前の『007スカイフォール』、『007/慰めの報酬』、『007/カジノ・ロワイヤル』はいずれも高い評価を受けるとともに興行的にも大成功をおさめた。2011年には、デヴィッド・フィンチャーが世界的ベストセラーを元に監督した『ドラゴン・タトゥーの女』でルーニー・マーラと共演。 その他、『パワー・オブ・ワン』、『ロード・トゥ・パーディション』、『レイヤー・ケーキ』、『ミュンヘン』などに出演している。
 舞台俳優としても高い評価を受けるクレイグは、2013年にブロードウェイ劇“Betrayal”でレイフ・スポール、レイチェル・ワイズと共演。14週間にわたって上演され、1億7500万ドルを売り上げた。最近は、2016年ニューヨーク・シアター・ワークショップで、サム・ゴールドが演出したオフブロードウェイ作品「オセロ」に出演。
 2009年にはブロードウェイで12週間上演されたアメリカの現代劇“A Steady Rain”でヒュー・ジャックマンと共演している。その他、オールド・ヴィックで上演されたピーター・ホール・カンパニー作品“Hurlyburly”、ナショナル・シアターで上演された“Angels in America”、マイケル・ガンボンと共演した“A Number at the Royal Court”などに出演してきた。

HILARY SWANK
HILARY SWANK / SPECIAL AGENT SARAH GRAYSON ヒラリー・スワンク(サラ・グレイソン)

 1974年7月30日、アメリカ ネブラスカ州リンカーン生まれ。ハリウッド随一のダイナミックかつ繊細な発言者として20年以上にわたるキャリアを築き、プロフェッショナルな女優そしてプロデューサーの典型を体現している。
 1999年、『ボーイズ・ドント・クライ』でブランドン・ティーナを演じブレイク。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、そしてクリティックス・チョイス賞(主演女優賞)のほか、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴの各批評家協会と全米批評家協会の主演女優賞を獲得した。さらに、ナショナル・ボード・オブ・レビューのブレイクスルー・パフォーマンス賞を受賞したほか、英国アカデミー賞と映画俳優組合賞にノミネートされた。
 2005年には、クリント・イーストウッド監督によるアカデミー作品賞受賞作『ミリオンダラー・ベイビー』で自身2度目となるアカデミー賞を獲得。この作品では、同じく2度目のゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞と全米批評家協会賞とクリティックス・チョイス賞(主演女優賞)にも輝いた。また同年、HBO作品「アイアン・エンジェルズ/自由への闘い」でもゴールデングローブ賞と映画俳優組合賞にノミネートされた。実話をもとにしたドラマ作品『ディア・ブラザー』では出演と製作総指揮を務めて映画俳優組合賞にノミネートされた。
 その他の出演作は、ラグラヴェネーズ監督作『P.S.アイラヴユー』、ブライアン・デ・パルマ監督作『ブラック・ダリア』、チャールズ・シャイア監督作『マリー・アントワネットの首飾り』、サム・ライミ監督作『ギフト』、スティーヴン・ホプキンス監督作『リーピング』、クリストファー・ノーラン監督作『インソムニア』、ゲイリー・マーシャル監督作『ニューイヤーズ・イブ』など。自身の制作会社25フィルムズが製作した最初の作品、ラブコメディ『Something Borrowed/幸せのジンクス』では製作を手掛けた。

STAFF

STEVEN SODERBERGH
STEVEN SODERBERGH スティーヴン・ソダーバーグ(監督)

 1963年1月14日、アメリカ ジョージア州アトランタ生まれ。脚本家、監督、プロデューサー、撮影監督および編集者として活躍。
 最近では、2シーズンにわたってCinemaxのシリーズ番組「The Knick/ザ・ニック」の製作総指揮と監督を務めた。2000年には監督作『トラフィック』でアカデミー賞を獲得したほか、『エリン・ブロコビッチ』でも同賞にノミネートされた。それ以前には、監督デビュー作となった『セックスと嘘とビデオテープ』でアカデミー脚本賞にノミネート。さらに、1989年カンヌ国際映画史でパルムドールの栄誉に輝いた。
 その他、『サイド・エフェクト』、『マジック・マイク』、『エージェント・マロリー』、『コンテイジョン』、“And Everything is Going Fine”、『ガールフレンド・エクスペリエンス』、『インフォーマント!』、『チェ』、『オーシャンズ』3部作、『さらば、ベルリン』、『Bubble/バブル』、『リベリオン』、『ソラリス』、『フル・フロンタル』、『イギリスから来た男』、 『アウト・オブ・サイト』、『グレイズ・アナトミー』、『スキゾポリス』、『蒼い記憶』、『わが街 セントルイス』、『KAFKA/迷宮の悪夢』などに携わる。
 2013年エミー賞の監督賞を受賞したテレビ映画『恋するリベラーチェ』は、同年5月にHBOで初放映された。2009年にはシドニー・シアター・カンパニーのために戯曲“Tot Mom”を企画、演出した。
 シドニー滞在中に、映画“The Last Time I Saw Michael Gregg”を監督。2014年4月には、ニューヨークのパブリック劇場で世界初演されたスコット・バーンズの“The Library”を演出した。現在はHBO作品“Mosaic”に携わっている。

REBECCA BLUNT レベッカ・ブラント(脚本)

 ウエストバージニア州ローガンで、代々地元の炭鉱で働いてきた家庭で育った。この作品に出てくる爆破装置の作り方をインターネットで調べた後、TSA PRE資格が永久に無効となるという通知を受けたという。本作『ローガン・ラッキー』が初めて書いた脚本である。

HOWARD CUMMINGS ハワード・カミングス(プロダクションデザイナー)

 『コンテイジョン』、『エージェント・マロリー』、 『マジック・マイク』 シリーズなどの作品で、スティーヴン・ソダーバーグ監督と幾度となく仕事を共にしている。また、『ユージュアル・サスペクツ』、『レインメーカー』、『RENT/レント』などで他の監督ともタッグを組んでいる。2014年には、Cinemaxのシリーズ番組『The Knick/ザ・ニック』のデザインでエミー賞に輝いた。

ELLEN MIROJNICK エレン・マイロニック(衣装デザイナー)

 英国アカデミー賞とエミー賞にそれぞれ二度ずつノミネートされ、HBOの『恋するリベラーチェ』でエミー賞を受賞した。これまで、スティーヴン・ソダーバーグ、スティーヴン・スピルバーグ、オリヴァー・ストーン、ポール・ヴァーホーヴェン、トニー・スコット、リドリー・スコット、キャスリン・ビグロー、J.J.エイブラムス、アンジェリーナ・ジョリーなど多くの名監督のために衣装をデザインしてきた。
 1998年には『スターシップ・トゥルーパーズ』でサターン賞に輝いた。また『ウォール街』ではカティサーク・メンズウェア賞を授与された。衣装デザイナー組合賞には幾度となくノミネートされており、『恋するリベラーチェ』と『The Knick/ザ・ニック』で受賞。2016年には同組合のキャリア・アチーヴメント賞を贈られた。次の作品は、12月公開予定のヒュー・ジャックマン主演作“The Greatest Showman”。

フィンガープリント・リリーシング 提供 フィルムネイション・エンタテインメント 共同提供

チャニング・テイタム アダム・ドライヴァー セス・マクファーレン

ライリー・キーオ ケイティ・ホームズ キャサリン・ウォーターストン ドワイト・ヨーカム

セバスチャン・スタン ブライアン・グリーソン ジャック・クエイド

WITH ヒラリー・スワンク AND INTRODUCING ダニエル・クレイグ ジョー・バングとして

"LOGAN LUCKY" キャスティングカルメン・キューバ, CSA 音楽 デヴィッド・ホームズ

衣装デザイン エレン・ミロジック プロダクション・デザイナー ハワード・カミングス

共同プロデューサー ケン・メイヤー マット・サマーズ

エグゼクティヴ・プロデューサー マイケル・ポレール ダン・フェルマン ゼイン・ストッダード

プロデューサー グレゴリー・ジェイコブズ マーク・ジョンソン

プロデューサー チャニング・テイタム リード・カロリン

脚本 レベッカ・ブラント  監督 スティーヴン・ソダーバーグ

Cast & Staff Photo